1. ホーム>
  2. 新着情報>
  3. 総合福祉センターで「いばらきアマビエちゃん」を登録しました

新着情報

総合福祉センターで「いばらきアマビエちゃん」を登録しました

「いばらきアマビエちゃん」について

 茨城県は、新型コロナウイルス感染者と接触した可能性のある人に対し、スマートフォンなどにメールで通知する県独自のシステムを運営開始しました。店舗、施設またはイベント会場に掲示された二次元コードを読み込み、メールアドレスを任意で登録していただき、後日、同じ日に施設を利用された人に、メールで注意喚起する仕組みとなっています。

 

「いばらきアマビエちゃん」とは

 「いばらきアマビエちゃん」はガイドラインに沿って感染防止に取り組んでいる事業者を応援するとともに、感染者が発生した場合にその感染者と接触した可能性がある方に対して注意喚起の連絡をすることで、感染拡大の防止を図ることを目的としたシステムです。

 『いばらきアマビエちゃんマーク』の画像

 

市民の方のご利用方法

(1)訪れた店舗、施設、イベント会場に掲示された二次元コードを携帯端末で読み取ってください。

(2)自動で起動するメールアプリから空メールを送信すれば設定完了です。

(3)感染者が発生した際に、その感染者と同じ日に同じ施設にいた方に対してメールでお知らせします。

 

萩っ子つどいの広場をご利用の際は、福祉センター入口、又は2階エレベーター横萩っ子つどいの広場室内に掲示された二次元コードを携帯端末で読み取ってください。

くわしくは、下記いばらきアマビエちゃんご利用方法をご覧ください

            

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

アンケート

はぎハピ 高萩市少子化対策強化プロジェクトホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
Print
  • 【アクセス】
  • 【更新日】2020年8月19日
Page of Top
スマートフォン用ページで見る