1. ホーム>
  2. 子育て>
  3. 赤ちゃん>
  4. お祝い行事

子育て

お祝い行事

妊娠~七五三までの行事

 

妊娠中から七五三までの関連行事を紹介しています。

地域によってはお祝いの仕方や祝う日にちなどが異なる場合もあります。また、その日に行わなければならない、というものでもありませんので、体調や天気によって日取りを変えたり、パパやママ、おじいちゃん、おばあちゃんの気持ちに合わせて記念のお祝いができるといいですね。

帯祝い

画像:帯祝い イメージ 妊娠5ヶ月の戌の日に、腹巻を巻いて妊娠を祝い、安産祈願のお参りをしたり、家族で出産の無事を祈ります。妊娠5ヶ月に行うのは、安定期に入り流産の心配が低くなるためです。戌の日に行うのは、戌は多産でお産が軽いということにあやかってのものです。

腹巻に使う帯を岩田帯といいますが、これは岩のようにたくましく、元気な子供が生まれるようにとの語呂合わせでつけたものです。現代ではさらし以外にもガードルタイプやコルセットタイプのものがあります。着脱のしやすさなど、自身の生活にあったものを選ぶとよいでしょう。腹巻きをするのは、妊娠中の無理な姿勢を矯正したり、腰痛や妊娠線を予防したり、おなかの保温と赤ちゃんの位置を安定させるという意味もあります。

 

三つ目のおはぎ

画像:三つ目のおはぎ 生後三日目のお祝いです。昔は、生後まもなく亡くなってしまうということが多くあり、そのため生まれて三日を無事に過ごせたことでその子が丈夫に育っていくことを確信する喜びの日でありました。

ママの母乳がたくさん出るようにおはぎを食べさせるとともに、ご近所や親族に大きなおはぎを配るという習慣です。三つ目のおはぎは和菓子店にて取り扱っているところも多いです。予約が必要な場合がほとんどですので、
詳しくはお店にお問合せください。

 

お七夜

画像:お七夜 イメージ 生後七日目に、親族など親しい人を招いて赤ちゃんの誕生のお祝いと名前のお披露目をして、健やかな成長を願う行事です。

 赤飯や尾頭付きの鯛などの祝い膳を囲んで食事をし、奉書紙に命名を書いて高いところに飾ります。半紙に名前と誕生日を書いてベビーベットや神棚に貼り、お宮参りまでの一ヶ月間飾ります。今は可愛らしい命名用の色紙や手形と一緒に残せるタイプなど、いろいろありますのでお好みのものを探してみてください。

 尾頭付きのお魚などは、普段取り扱ってはいないけれど特注で承れるお店もありますので、よく行くスーパーなどにお問合せしてみてください。

 

お宮参り

画像:お宮参り 男の子は産後31日、女の子は産後33日に土地の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、健やかな成長を祈願します。地方によっては生後100日目とすることもありますが、母子ともに体調の良い日を選ぶと良いでしょう。

 父方のおばあちゃんに赤ちゃんを抱っこしてもらい、神社で参拝をしてお祓いをしてもらいます。お祓いの際には白い封筒や祝儀袋に「初穂料」や「玉串料」とその下に赤ちゃんの名前を書いて社務所に申し込みをして渡します。

 天気の良い日を選んだり、夫婦と赤ちゃんの3人でお参りに行く、おじいちゃん・おばあちゃんと食事をして祝う、など、日にちや祝い方はパパママの都合によって変えても。

 

お食い初め

画像:お食い初め 生後100日~120日目に一生食べ物に困らないようにと願いを込めて行う祝い行事です。赤ちゃんは食べられませんが、赤飯、尾頭付きの焼き魚、煮物、香の物、吸い物の祝い膳を用意し、口に持っていって食べさせる真似をします。「歯固め」といって、丈夫な歯が生えるようにとお膳にきれいな石を添え、赤ちゃんの口に触れさせることもします。長寿にあやかるため、親族の年長者に食べさせる役を行ってもらうのが一般的ですが、パパやママでも。伝統的には箸は柳の白木、食器には漆器を用いますが、これからのことを考えて離乳食用の食器を揃えておくのもいいですね。

 

初正月

画像:初正月 イメージ 男の子には破魔弓、女の子には羽子板を飾って子孫繁栄を祈ります。どちらも魔除けの意味があり、健やかに成長するようにと願ってお祝いします。

 

初節句

画像:初節句 イメージ男の子は5月5日のこどもの日に、女の子は3月3日のひなまつりに行います。
生後1~2ヶ月で節句の時期が来る場合は、翌年に行うことが多いです。

男の子 こどもの日(5月5日 端午の節句)

武者人形(五月人形)や兜、こいのぼりを飾り、ちまきや柏餅を食べてお祝いします。

五月人形は4月下旬から飾りつけ、節句がすんだらなるべく早く天気の良い日を選んで片付けましょう。

女の子 ひな祭り(3月3日 桃の節句)

雛人形を飾り、ちらし寿司、蛤のお吸い物、ひなあられなどを食べてお祝いします。

一般的に2月にはいってから雛人形の飾り付けをし、遅くとも一週間前には飾ります。節句がすんだらなるべく早く天気の良い日を選んで片付けましょう。

 

初誕生日

『初誕生日 イメージ』の画像無事に一歳を迎えられたことを祝います。赤飯や出世魚を祝い膳に出します。

一生食べ物に困らないようにと、「一生」と「一升」をかけ、“寿”や“祝い”を朱書きした『一升餅』をふろしきに包んで背負わせます。現代ではリュックに入れて背負わせることが多いようです。一升餅は手作りやインターネットでお取り寄せしたり、和菓子店などにて取り扱っているお店もあります。その後のことを考えて一升分のもち米を使用するといった場合もあるようです。それぞれご家庭に合わせて工夫してもよいでしょう。

誕生日以前に早く歩き始める子は早く家を離れて暮らすようになるといい、それをいやがってわざと転ばせる、など祝う方法は地域によって違いますが、どの地域でも健康で強い子に成長してほしいとの願いをこめてお祝いします。

また、『えらびとり』とよばれる子供の将来を占う習慣もあります。

筆や本、そろばん、財布などを並べた中からどれを手に取るかで、筆なら文豪、そろばんなら商売人などその子の将来を占います。並べるものはその他にボールや電話など、パパママの好みで選ぶとよいでしょう。

 

七五三

『『七五三 イメージ』の画像』の画像子供の成長を祝って、女児は三歳と七歳、男児は三歳と五歳の11月15日に氏神様にお参りをする行事です。こどもの健やかな成長を願い、晴れ着を着せてお宮参りをする風習で、晴れ着を着て祖父母と記念撮影をすることも多いです。

アンケート

はぎハピ 高萩市少子化対策強化プロジェクトホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
Print
  • 【アクセス】
  • 【更新日】2014年8月22日
Page of Top
スマートフォン用ページで見る